運動不足解消!気軽にフットサルを始めよう

意外と知らないサッカーとフットサルのルールの違い

フットサルとサッカーは似ているものの、実際にはルールなどに関する様々な違いがあります。その1つは使うボールが異なるということです。フットサルで使用するボールは4号球と言われるサイズのものであり、これは大人のサッカーで使われるボールよりも少し小さめとなっています。また、少し弾みにくい素材で出来ていることも特徴です。フットサルで使われるボールは、基本的にサッカーよりも強い威力で飛ばないようになっているので、未経験者が怪我をしてしまうリスクが抑えられています。コートの広さも小さめになっていて、9分の1ほどしかないことも特徴です。サッカーの競技時間は前半と後半でそれぞれ45分ですが、フットサルの場合は20分なので半分以下の競技時間となります。それゆえに体力に自信がない方も比較的参加しやすいと言えるでしょう。サッカーはボールがコートの外に出てしまっても時間を止めることなく、その間の分はアディショナルタイムとして後に追加されます。フットサルの場合はボールがコートに出た時点で計測がストップするので、アディショナルタイムがありません。この点はバスケットボールに近いとされます。

イエローカード反則によるルール上の扱いにも違いがあります。サッカーの場合は何度反則してしまったとしてもレッドカードやイエローカードが出ない限り、そのチーム全体にペナルティが与えられることはありません。しかし、フットサルの場合は6回目のファウルから、相手チームに直接フリーキックが与えられることになります。小さめのコート内での直接フリーキックは相手チームにとって大チャンスにもなるので、特に気を付けておく必要性が高いといえるでしょう。

サッカーではイエローカードやレッドカードによって選手が退場した場合、相手チームよりも少ない人数で試合を続けることになります。一方でフットサルの場合はそれらを理由として退場した場合でも、退場から2分が経過するか、失点をすることによって選手を補充することが出来ます。これはサッカーが11人でプレイするのに比べて、フットサルは5人でプレイするルールになっていることから、退場した際の影響が非常に大きいことを考慮して決まっているシステムです。試合中の交代無制限なので、疲れた選手をどんどん変えていき、調子の良い選手を出場させることが試合の鍵を握ります。なお、フットサルのキーパーはゴレイロと呼ばれ、ややルール上の権限が異なっています。