運動不足解消!気軽にフットサルを始めよう

フットサルチームができたらこだわりのユニフォームをオーダーしてみよう!

チームのメンバーが集まったらユニフォームを制作することが重要となります。
フットサルは小さめのコート内にキーパーを含めた10人の選手が入り乱れていて、即座にパスやドリブルの判断をしなければなりません。
自チームの選手がどうかをじっくりと確かめてからパスを行うことが出来ないシーンもあります。
そこで分かりやすいユニフォームを着て、即座に自チームなのか相手チームなのかを判断できるようにします。
正式な試合に参加するためにもユニフォームはほとんど必須となっています。

ロンヨンジャパンという会社では、オリジナルサッカーユニフォームをオーダーして製作してもらうことができます。
個人と法人のいずれのオーダーも承っているので、ユニフォームを作ってもらうにはまさにうってつけです。
細かいデザインを反映させることが出来るので、他のチームとは全く異なるデザインに仕上げることが可能となっています。
ロンヨンジャパンではシミュレーションにも対応しています。
チームオーダーをする際に事前にシミュレーションを行っておくと、出来上がってから戸惑うことがないので安心できます。
シミュレーションの精度は非常に高く、確認しやすいのが特徴です。
ユニフォームをチームオーダーする際にはデザインやエンブレムなども重要ですが、背番号のことも忘れてはいけません。
サッカーの場合は攻撃の役割を大きく担う選手が9番、10番、11番といった背番号を付けることが多いです。
しかし、コートが小さいフットサルの場合は攻撃や守備などの役割分担の要素が少なく、全員がどちらも担うことになります。
それゆえに背番号は役割ではなく、好みで選択するケースが多くなっています。

ユニフォームについて話し合う人たちロンヨンジャパンにユニフォームのチームオーダーをすると、費用を見積もることが出来ます。
チームメンバーが多いと一斉に発注する量も増えるので必然的に1枚あたりのコストが下がります。
使用する素材などによっても費用が変わるので、メンバーと相談して決めることが大切です。
ユニフォームは基本的に使い続けるものなので、コスト以外の部分も含めてじっくりと検討することが重要と言えるでしょう。

デザインだけでなく、エンブレムについても他のチームと被らないようにすることが大切です。
エンブレムは一度決めると変更することが少ないので、慎重に決めることが重要となります。
カラーシミュレーターで色合いを確認することにより、実際の見た目とのギャップを減らすことが出来ます。
ロンヨンジャパンは制作実績も多いので安定感があると言えるでしょう。